特許調査サービス

出願前先行技術調査

 出願前にJplatPatを用いて先行技術調査を行います。検索式を作成し、調査対象を100~300程度に絞り込み、出願しようとしている発明に対して関連性の高い特許文献を3件抽出します。明細書に記載する先行技術文献の特定を支援します。また出願をしようとする発明が新規性・進歩性を欠くことが判明した場合は、出願費用のロスを防ぐことができます。

  • 基本料金:50000円(検索式作成+100件の調査)
  • 追加料金: 300円/1特許文献(100件を超える場合)

特許無効文献調査

 第三者の特許権を無効にするための公知文献調査を行います。 特許庁への情報提供、無効審判請求、無効鑑定、ライセンス交渉などでご活用いただけます。無効化対象の特許は日本特許・米国特許・欧州特許です。また公知文献の調査範囲は原則として無効化対象の特許を発行した特許庁から公開されている特許文献になります。(つまり日本特許は日本の公報、米国特許は米国の公報、欧州特許は欧州の公報が調査範囲)。調査範囲から主引例公報若しくは副引例公報を1~3件抽出し、ご提示します。

  • 日本特許(独立項1あたり)
    • 1文献提示:50,000円
    • 2文献提示:80,000円
    • 3文献提示:100,000円
  • 米国/欧州特許(独立項1項)
    • 1文献提示:70,000円
    • 2文献提示:100,000円
    • 3文献提示: 120,000円

技術動向調査・パテントマップ作成

 JPlatPatを用いてご希望のテーマでの技術動向調査を行います。またパテントマップ作成も行います。

  料金:100,000円~ (調査内容により変動)